福祉の活動知って 静岡でフェスタ

 静岡市内の福祉団体などが手作り製品の販売ブースや福祉体験交流コーナーなどを設ける「駿河ふれあい福祉フェスタ」(市社会福祉協議会駿河区地域福祉推進センター主催、静岡新聞社・静岡放送後援)がこのほど、駿河区の市地域福祉共生センターと県立大短期大学部小鹿キャンパスで開催された。

会場内の輪投げに挑戦する来場者=静岡市駿河区の市地域福祉共生センター
会場内の輪投げに挑戦する来場者=静岡市駿河区の市地域福祉共生センター

 市社協や行政相談委員、ボランティア関係などの18団体から約100人が参加し、福祉の活動を紹介した。雑貨販売や輪投げ、スタンプラリーのほか、共生社会や福祉について学ぶ映画の上映会も行い、家族連れを中心ににぎわった。
 同フェスタを企画した市社協の石原英登センター長は「会場に笑顔があふれていてうれしい。楽しみながら福祉の活動を知ってもらいたい」と話した。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞