大井川鉄道 家山ー川根温泉笹間渡、普通電車を試運転 10月に1年ぶり再開予定

 大井川鉄道(本社・島田市)は21日、10月に再開予定の大井川本線家山ー川根温泉笹間渡間で普通電車の試運転を行った。同市川根町の川根温泉周辺に久しぶりに警笛が鳴り響いた。

試運転で川根温泉笹間渡駅を出発する普通電車=21日午前9時40分ごろ、島田市川根町笹間渡
試運転で川根温泉笹間渡駅を出発する普通電車=21日午前9時40分ごろ、島田市川根町笹間渡

 同区間は昨年9月の台風15号の影響で倒木などがあったが、比較的被害が小さく、大鉄が自力で復旧にこぎ着けた。家山駅(同町家山)を出発した電車は大井川に架かる鉄橋を渡り、川根温泉笹間渡駅(同町笹間渡)に到着した。運転士は速度を落として線路状況などを確認した。運転士の伴野和久さん(34)は「1年ぶりに大井川を渡ることができてうれしい。たくさんのお客さまに乗ってほしい」と話した。電車は同区間を往復した。
 大鉄は全線で土砂流出などの被害を受け、家山ー千頭間で運休が続いていた。家山ー川根温泉笹間渡間は10月1日に約1年ぶりに運転を再開する。静岡県庁では公共交通としてのあり方を協議する検討会が開かれているが、全線復旧のめどは立っていない。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞