エノテック(牧之原)厚労省認定 積極的な若者採用・育成

 牧之原市勝俣の機械設備製造「エノテック」は若者の採用・育成に積極的な中小企業として、厚生労働省のユースエール認定を受けた。島田市のハローワーク島田で14日、榎田哲也副社長が松永進所長から認定通知書を受け取った。

松永所長から認定通知書を受け取った榎田副社長(左)=島田市のハローワーク島田
松永所長から認定通知書を受け取った榎田副社長(左)=島田市のハローワーク島田

 牧之原市での認定は初めて。企業と求職中の若者のマッチング向上を図る制度で、新卒者の離職率や正社員の有給休暇の取得日数など基準を満たした事業所が認定される。ハローワークなどでの重点的PRの実施や認定マークの使用などを通じ、人材確保が期待できるという。
 同社は社員の定着率が高く、高校生ら若年層への周知に取り組み、積極的な採用活動を展開している。榎田副社長は「書面やホームページで案内するだけでなく、実際に会社に足を運んでもらう機会を大切にしている」と話した。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞