ノーコードツール 焼津市が8月から業務利用 庁内の仕事効率化

 焼津市は8月から対話型人工知能(AI)「Chat(チャット)GPT」と、プログラミングの知識がなくても独自のアプリ開発が可能なノーコードツールの業務利用を試行的に始める。
 チャットGPTについては、自身のスマートフォンや市役所内の専用端末で利用できるようにする。利用に先立ち、市は個人情報や非公開情報を入力しないといった注意事項を盛り込んだガイドラインを策定した。使用範囲も盛り込まれていて、文章の要約や翻訳、下書きの作成、アイデアだしなどと定めている。
 ノーコードツールについては、民間企業提供の無償プログラムを使用する。具体的な事例として、部署内のエクセルについて、従来は専門知識を有する職員がいないと管理が難しかったが、ツールを使用することで、職員自らが簡単に管理できるアプリを作ることが可能になる。
 いずれも試行期間中に効果の有無を見極めた上で、本格運用に踏み切るか検討する。市DX推進課の担当者は「うまくいけば、庁内業務の効率化が図られ、より質の高い市民サービスを展開できる」と期待する。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞