動物死骸や不法投棄 道路通報機能に追加 浜松市、1日から

 浜松市は8月1日から、スマホアプリを使った道路損傷の通報システム「いっちゃお!」に、路上の動物の死骸や不法投棄を通報できる機能を追加する。
 市民が異常を見つけた場合、市に写真や位置情報とともに情報提供できるシステム。路上の死亡動物の通報は年間約5千件寄せられているが、現在は電話対応が平日の日中に限られ、位置も口頭で説明を求められる。不法投棄の通報は入り組んだ山中などから寄せられることが多く、特に位置の説明が伝わりにくい。システムを活用すれば常時通報が可能になり、市側も作業の効率化が図れる。
 無料アプリ「LINE」の浜松市公式アカウントから「いっちゃお!」メニュー画面にアクセスできる。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞