デジタル茶況(6月26日)富士の数量 伸び悩み 静岡市中 県産二茶

 静岡市中の県産二茶は富士の複数工場の荷が出回った。気候の影響などで、持ち込み数量は伸び悩んでいる。
 東部は500円台半ばから前半で取引された。あっせん業者は「炭疽(たんそ)病の影響を考慮して、生産を取りやめた茶園がみられる」と話す。
 市中では、鹿児島県種子島産三茶の初荷も取引された。

藤枝 JA大井川藤枝工場は8口1242キロが上場し、1100~500円で取引された。水色や茶葉の色を指摘された700円台の荷の商談は難航した。

島田、金谷、川根 JA大井川川根工場は5口2187キロが上場した。川根地域の取引は最終盤を迎え、中心は600円前後。

榛原、相良 二茶の芽伸びが思うように進まなかった要因について複数の茶業関係者からは、気温に加えて肥料不足を指摘する声が上がる。

掛川、小笠 掛川茶市場は8口7369キロ上場し、1150~560円で取引された。品種物やかぶせ、有機栽培茶が出回った。

袋井、森 森町では少量の出回りがあった。中心相場は500円台後半とみられる。町内での二茶取引はほぼ終了した。
 

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞