⚽サッカーJ2三国決戦 13日/清水-藤枝 17日/藤枝-磐田 静岡県勢3監督が意気込み

 今季J2でしのぎを削る静岡県勢3チーム。磐田・横内昭展(55)、清水・秋葉忠宏(47)、藤枝・須藤大輔(46)の3監督が、13日の清水-藤枝、17日の藤枝-磐田と“静岡三国決戦”が続くのを前に、オンラインでチームの現状や意気込みなどを語り合った。

 第14節を終えた順位は清水7位、磐田10位、藤枝12位。事前予想より善戦する藤枝について、秋葉監督は「ミドルシュートがかなり入っている。勢いよく攻撃し、そのまま前から圧力をかけてくるところも非常に脅威」と分析。横内監督も「いろいろな選手が関わりながらゴールを目指していく。攻撃的サッカーを実践している」と評価する。

 秋葉体制、負けなし
 リカルド前監督の下でスタートダッシュに失敗した清水は、秋葉体制になってから負けなしで上昇機運に乗ってきた。須藤監督が「全然違うチームになった」と驚けば、横内監督も「J2トップクラスの選手をそろえ、怖さを十分感じている。秋葉監督になって大集団が一つのチームにまとまった」と認める。
 外国人選手の契約を巡る問題を抱える磐田はまだ調子に乗りきれないが、秋葉監督は「新しい選手が取れず、難しさがある中で横内さんらしく戦っている」と思いやる。一方、須藤監督は「動くところと静かなところで非常にメリハリが効いている。いきなりスイッチが入り、見ていてあっと驚くようなサッカーをしている」と警戒する。

 リスク管理が課題
 自分のチームの現状について指揮官の思いはそれぞれ。磐田は今季まだ連勝がないが、横内監督は「プレーの強度を上げようと取り組んできた。ミスから失点しているが、守備でチームとしてやるべきことの整理が少しずつできてきた」と一定の手応えを示す。
 初めてJ2を戦う藤枝。須藤監督は「開幕当初、選手にはプレーの速さに戸惑いもあったが、今は平然とできている」とした上で、「得点は取れているので、リスク管理がこれからの課題」と現状を見つめる。
 清水のシーズン途中での監督交代は5季連続。まだ就任から1カ月ほどの秋葉監督は「選手がのびのび、自分のストロングで勝負できるよう心がけている。ただ、勝利への執念、執着がまだ足りない」とさらなる奮起を促す。

 今後占う大一番
 三国決戦の2試合は今後を占う重要なゲームになる。「勝った時の反動、負けた時のダメージはともに大きい」と指摘するのは秋葉監督。「意地とプライドを懸け、勝ち点3を取ってサポーターと喜び合う姿をイメージしてやりたい。理屈じゃなく本当にがむしゃらに勝利への執念執着を最後に出せるか。魂のぶつかり合いになる」と情熱を燃やす。
 「うちは私も含めて雑草集団」という須藤監督は「大きなクラブに立ち向かい、最後までひたむきに戦う姿をサポーターに見せたい。経験値のない選手もいるが、自然体でチャレンジする姿勢を忘れず戦いたい」とチームを鼓舞する。
 横内監督も「簡単な試合展開にはならない。1勝の重みがあり、後のゲームにつながる」と覚悟し、「どういう状況でも最後まであきらめない。やり続けることが勝利につながる。そこを選手に要求したい」と必勝を誓う。

魂のぶつかり合い
 清水・秋葉忠宏監督 千葉県出身。現役時代はMF、DFで市原(現在の千葉)、新潟など7クラブを渡り歩いた。群馬で監督経験後、年代別日本代表コーチを担い、水戸でも監督を務めた。親しみある歴史上の人物は宣教師ザビエル。「昔、似てると言われた。フットボールを“布教”し、W杯で日本の優勝を見届けたい」。
1勝の重みに覚悟
 磐田・横内昭展監督 福岡県出身。MFとして広島の前身のマツダに入団し、引退後は広島のコーチや世代別日本代表のコーチを歴任。森保一監督と二人三脚で日本代表と東京五輪代表を指導し、ワールドカップ(W杯)カタール大会で16強入りを果たした。自らを武将に例えると徳川家康で「天下統一を成し遂げたい」。
「雑草集団」を鼓舞
 藤枝・須藤大輔監督 神奈川県出身。甲府、神戸などでFWとしてプレーし、2007年のカップ戦で得点王を獲得した。鳥取の監督を経て、21年シーズン途中から藤枝の指揮を執る。戦国武将で小説や漫画でも取り上げられる前田慶次が好き。「自分もサッカー界の歌舞伎者として、地上最大のエンターテインメントを見せたい」。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞