売り上げの一部 大井川保全へ寄付 CPコスメティクス

 CPコスメティクス(東京都)はこのほど、静岡プロダクツセンター(焼津市上泉)で製造する商品の売り上げの一部を、NPOの活動をサポートするふじのくに未来財団(静岡市駿河区)に寄付した。大井川水系の環境保全事業に活用する。

ふじのくに未来財団の土屋代表理事(右)に寄付金の目録を贈呈する山田執行役員=焼津市上泉
ふじのくに未来財団の土屋代表理事(右)に寄付金の目録を贈呈する山田執行役員=焼津市上泉

 同センターで行った贈呈式で、同社の山田まゆみ執行役員が同財団の土屋優行代表理事に寄付金の目録を手渡した=写真=。山田執行役員は大井川水系の水や空気で良質な商品が育まれているとし、環境保全の取り組みを進めていく考えを示し、土屋代表理事は「大井川の水は豊富で維持することが重要」と指摘した。
 同社が寄付金に充てたのは、センター内の無農薬循環型ガーデンの植物による成分を使ったボディーケア商品「ラフレンディー ボタニカル」の売り上げの一部。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞