台風被害“負けず” 稚アユ上流目指す 静岡・清水区の興津川

 静岡市清水区の興津川で稚アユが上流に向かって泳ぐ遡上(そじょう)が始まっている。14日は、河口から約3キロの承元寺えん堤で次々と上流を目指す稚アユが見られた。同地は、昨年の台風15号の被害を受けた影響で、魚道の整備がまだ進んでおらず、稚アユは例年より高さのある急流を懸命にさかのぼっていた。小さな個体は流れに戻される様子も見られた。

次々と上流を目指す稚アユ=静岡市清水区の興津川
次々と上流を目指す稚アユ=静岡市清水区の興津川

 興津川漁協によると、3月15日に遡上を初確認したが、河川の改修工事による川の濁りなどの影響もあり、例年より数は少ないという。アユ釣りの解禁は5月20日を予定している。解禁までに数回に分け計4トンの稚アユを放流する見込み。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞