朝日に照らされ幻想的 砂の波 浜松・中田島砂丘

中田島砂丘の風紋。朝の光を受け、波打つようなしま模様が浮かび上がった=25日午前、浜松市南区
中田島砂丘の風紋。朝の光を受け、波打つようなしま模様が浮かび上がった=25日午前、浜松市南区

 浜松市中区で午前の最低気温が氷点下3.5度を観測するなど、この冬一番の冷え込みとなった25日、南区の中田島砂丘では美しい風紋が姿を見せた。前夜来の強風で砂丘の表面に波打つようなしま模様が現れ、朝の強い日差しを浴びて幻想的に浮かび上がった。
 「遠州のからっ風」と呼ばれる北西の季節風が吹く冬季に、雄大なしま模様が発生しやすいとされる。早朝や夕暮れ時の斜光になる時間帯は、より立体的な景観を眺めることができる。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ