完熟イチゴで英気養って 藤枝の農園、MYFC選手招待

 サッカーJ2に昇格して迎える2023年シーズンを前に藤枝MYFCの選手たちが25日、藤枝市青南町のイチゴ農園「ジャパン・ベリー」(上山優代表)から招待を受け、イチゴ狩りを楽しんだ。鹿児島県内で行うトレーニングキャンプを目前に控え、ホームタウンで英気を養った。

イチゴ狩りを楽しむ藤枝MYFCの選手ら=藤枝市のジャパン・ベリー
イチゴ狩りを楽しむ藤枝MYFCの選手ら=藤枝市のジャパン・ベリー

 昇格の祝福と、新シーズンへのエールを兼ね、狩り、食べ放題で実施した。選手のほか、妻や子どもらも加えた約30人が参加した。ビニールハウスの中で、真っ赤に熟した紅ほっぺを次々にもぎ取った。練乳をつけて口に運ぶと「おいしい」「甘い」などと言い合いながら味わっていた。
 昨季主将を務めた杉田真彦選手は「大きくて、甘くて、最高においしい」と笑顔を見せ、「イチゴから元気をもらい、厳しいキャンプを乗り越えたい」と抱負を語った。上山代表は「地元のチームとしてずっと応援している。選手や家族、スタッフで絆を強め、一丸となって新シーズンを戦ってほしい」と呼びかけた。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ