記者コラム「清流」 未来の高校球児へ

 近年、高校球児の数が減っていると聞く。元球児の一人として残念に思う。減少要因は多々あるだろうが、先日、静岡市内の中学生と高校生の合同練習を取材した際、明るい兆しを垣間見た気がした。
 日本高野連は、公平性確保などを理由に中高の野球部が単独チーム同士で練習することを認めていないが、今回は学校関係者が尽力し、複数チームが参加することで合同練習を実現させた。“先輩”に教わる中学生のはつらつとした表情が印象的だった。同じ白球を追って刺激を受けた経験が、野球を続けるきっかけになってくれればうれしい。
 あす春の選抜高校野球大会出場校が発表される。県勢の選出と活躍に期待しつつ、こうした取り組みが増えることで、将来の高校球児が増えてくれることを切に願う。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ