危険予測を体験 浜北署の協議会

 浜北署協議会の2023年第1回会合が25日、同署で開かれ、委員らが自動車運転の危険予測トレーニング装置を体験した。

危険予測トレーニング装置を体験する協議会委員たち=浜北署
危険予測トレーニング装置を体験する協議会委員たち=浜北署

 コンピューターグラフィックス(CG)を利用し、自動車の運転者の視点で車線変更や横断歩道への進入といった場面がスクリーンに映し出された。委員らは危険があると判断した場合に手元のボタンを押した。その後、交通課の署員から事故につながる理由について解説を受けた。
 会合では署側から、防犯啓発、関係機関に対する防犯指導と情報交換、年末に向けた街頭活動強化といった9~12月期の業務重点推進の結果と、新入学期における安全・安心活動など1~4月期の業務重点推進活動案も説明された。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ