磐田の男女8人 なかよし作品展 市立中央図書館

 磐田市の男女8人による「なかよし作品展」が25日、磐田市見付の市立中央図書館で始まった。色彩豊かな絵画や押し花、生け花など計57点を紹介している。29日まで。

平安時代の生活の一幕を収めた絵画「平安の雅」を鑑賞する来場者=磐田市見付の市立中央図書館
平安時代の生活の一幕を収めた絵画「平安の雅」を鑑賞する来場者=磐田市見付の市立中央図書館

 喜寿を迎え、同展示会を集大成と位置づける高野桂一さん(77)は、長年描きためたアクリル画や書、版画を出品した。川で洗濯したりクリを拾ったりする姿など、平安時代の生活の一幕を収めた絵画「平安の雅」が来場者の目を引いている。
 妹の岡田喜代子さん(74)は桜やバラなどを使った押し花作品を展示。講師の古山慶子さん(75)と生徒らによる生け花は、春の訪れを喜ぶ気持ちを紅白のツバキなどで表現した。
 高野さんは「仲間の協力で、無事作品展を開催することができた」と感謝し、来場を呼びかけた。
 27日休館。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ