NOKと菊川市 災害支援協定 施設や土地を提供

 総合部品メーカーNOKの東海事業場(菊川市赤土)と菊川市は25日、災害時の支援に関する協定を締結した。大規模な地震や風水害が発生した際、同事業場は工場棟の施設や土地を市に貸し出して応急対策を支える。

協定書を交わす菅沢事業場長(左)と長谷川市長=菊川市役所
協定書を交わす菅沢事業場長(左)と長谷川市長=菊川市役所

 菅沢祐一事業場長が市役所を訪れ、長谷川寛彦市長と協定書を交わした。同事業場の食料や燃料の提供と配布、フォークリフトなどの車両と操縦できる社員の派遣も協定に盛り込んだ。
 平常時は定期的な協議を通して連携を深める。菅沢事業場長は「大規模災害では事前の備えが非常に大事。地域社会への貢献に努めていく」と話した。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ