掛川市の部活動地域移行 23年度に具体検討着手 教育長「最終的に学校と切り離す」

 中学校の部活動を地域団体に委ねる地域移行で、掛川市と同市教委は25日、2023年度に地域クラブ連絡協議会と種目検討部会を設立し、全体の枠組みや設置クラブ数など具体的な検討に着手する考えを明らかにした。市は26年度までに移行する方針を示している。佐藤嘉晃教育長は「実質、部活動を廃止する。最終的に学校と切り離す」と述べた。
 同日の市総合教育会議で説明した。教育委員からは、保護者の送迎負担や指導者確保に対する懸念の声が上がった。久保田崇市長は「直接的な指導者だけでなく、大勢の人の力が必要。地域のみんながやれる範囲で関わっていく仕組みを作りたい」と協力を求めた。
 市が掲げる部活動改革「かけがわ地域クラブ構想」は、学校単位だった活動範囲を拡大して種目数の地域間格差や教員不足の解消を図る内容。休日だけでなく平日の活動も地域団体に委ねる。生涯学習の一環と位置付けて、小学生や高校生、大人を含めた多世代参加型クラブの実現を視野に入れている。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ