⚽清水エスパルス 監物拓歩(DF) 優れた配球能力【ルーキー紹介】

 配球能力に優れた貴重な左利きのセンターバックだ。伊豆の国市出身で、中学、高校と清水の下部組織に所属。大学を経由して「憧れだった」というエスパルスのエンブレムを背負い、プロ生活をスタートする。

監物拓歩
監物拓歩

 中学時代から世代別の日本代表に選出され、U-17(17歳以下)ワールドカップ(W杯)にも出場。有望株として注目される存在だったが、ユースからの昇格はかなわなかった。
 プロ入りには遠回りとなった道のりも、成長の糧とした。「環境と人に恵まれた」という早大では先輩の背中からリーダーシップや振る舞いを学び、対人守備の強さにも磨きを掛けた。3年時に経験したけがでの長期離脱も乗り越えた。
 かつて世代別代表でともに戦った仲間の中には、すでにA代表や海外クラブで活躍する選手もいる。刺激は受けるが、意識するのは自らの向上のみ。ユースの先輩で「一緒にプレーしたかった」という立田悠悟の退団した穴を埋めるべく「全試合出場」を目標に掲げ、即戦力の活躍を誓う。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ