清水南高に「演劇専攻」 SPACと連携、人材育成 静岡県教委、24年度新設方針

 静岡県教委が県立高に初の演劇専攻コースを設置する方針を固めたことが、4日までに関係者への取材で分かった。県立清水南高(静岡市清水区)の芸術科に専攻を新設し、2024年度から入学者を受け入れる方向で調整している。21年度に協定を締結した県舞台芸術センター(SPAC)との連携を生かした専門教育を行い、芸術分野で活躍する人材の育成を目指す。
 同校は21年度以降、中等部の独自科目「表現」や高校の総合的な探究の時間でSPAC俳優の指導を受け、演劇教育のカリキュラム研究に取り組んできた。県教委は今後、演劇専攻設置に伴う定員の在り方や教員配置などを検討していく。
 県立高における演劇教育の導入は、県教育振興基本計画(18~21年度)や県立高第3次長期計画(18~28年度)で、実学を充実させる新学科設置研究の一環として位置づけられた。県教委は21年度に県立高の特色化を進めるため開始した「オンリーワン・ハイスクール事業」の中で、清水南高を専門機関と連携する「アカデミック・ハイスクール」に指定。同年11月にSPACと同校が協定を締結し、講師として俳優の派遣を受け、演劇を通じた表現力の向上などに取り組んでいる。
 同校は1986年に県内初の芸術科が設置され、現在は1学年1学級(40人)に音楽専攻と美術専攻の2コースがある。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ