元保育士関する相談 裾野市9月に受領 市長「虐待は含まれず」

 裾野市の村田悠市長は21日の定例記者会見で、私立さくら保育園(同市)の園児虐待事件に関与した疑いのある元保育士を知る支援者から、9月20日に相談を受けていたと明らかにした。元保育士の処分を巡る内容で、虐待行為は含まれていなかったという。村田市長は「自分が虐待行為を認識したのは11月28日が初めて」とあらためて説明した。

裾野市役所
裾野市役所

 村田市長によると、支援者の相談は「市の指導を受け、園が保育士を解雇しようとしている」といった趣旨だった。担当の健康福祉部に確認したところ、「市が民間園の人事に介入した事実はない」との回答を受けたという。村田市長は「園を運営する法人の組織や人事をめぐるトラブルは以前から耳にしていた。その一環との認識だった」と話した。
 同部は8月中旬に園関係者から相談を受け、虐待行為を既に把握していたが、9月20日時点でも虐待行為について市長に報告しなかった。石井敦部長は「市長には正確な情報を伝えようとした」と釈明した。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞