山口組組長、再び浜松に 年末の会合 静岡県警、拠点化を警戒

 指定暴力団山口組と神戸山口組の分裂抗争が続く中、山口組は13日、浜松市中区の同組国領屋一家本部事務所で年末恒例の会合を開いた。篠田建市(通称・司忍)組長ら最高幹部が同事務所を訪れ、県警などは約80人体制で警戒にあたった。

事務所に入る篠田建市組長(中央)=13日午前、浜松市中区
事務所に入る篠田建市組長(中央)=13日午前、浜松市中区
事務所に入る篠田建市組長(右から2人目)=13日午前、浜松市中区
事務所に入る篠田建市組長(右から2人目)=13日午前、浜松市中区
国領屋一家本部事務所前で警戒と情報収集にあたる捜査員ら=13日午前、浜松市中区
国領屋一家本部事務所前で警戒と情報収集にあたる捜査員ら=13日午前、浜松市中区
事務所に入る篠田建市組長(中央)=13日午前、浜松市中区
事務所に入る篠田建市組長(右から2人目)=13日午前、浜松市中区
国領屋一家本部事務所前で警戒と情報収集にあたる捜査員ら=13日午前、浜松市中区

 同日早朝から、組関係者を乗せた自動車が次々と同事務所に入った。捜査関係者によると、直参と呼ばれる直系組長が顔を合わせる「事始め式」とみられ、約50人が集まった。県警をはじめ、警視庁や愛知県警の捜査員らが事務所前に立ち、出入りする組幹部の顔触れを確認した。
 抗争の激化で神戸市の同組総本部事務所などの使用が制限されて以来、国領屋一家本部事務所は会合の場として繰り返し利用され、同組の重要拠点化の懸念が高まっている。県警幹部は「市民に危害が及ばないよう、引き続き警戒と情報収集に努める」と話した。

あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞