日本平パークウェイで集団暴走 容疑の男2人逮捕 清水署など

 静岡市駿河区の日本平パークウェイで集団暴走したとして清水、静岡南両署と県警交通機動隊、同交通指導課の合同捜査班は6日、道交法違反(共同危険行為)の疑いで同市清水区の男2人を逮捕した。

集団暴走に使用された乗用車=6日午前11時半ごろ、清水署
集団暴走に使用された乗用車=6日午前11時半ごろ、清水署

 逮捕されたのは同区石川新町、会社員の男(31)と同区殿沢2丁目、会社員の男(28)の両容疑者。逮捕容疑は2人で共謀して5月下旬、駿河区の市道「日本平パークウェイ」で乗用車2台を連ね、制限速度の倍の高速で走行するなど集団で暴走した疑い。
 清水署によると、日本平パークウェイはインターネット上で「走り屋の聖地」とされていて、同捜査班は10月にも同所で集団暴走したとして男3人を逮捕した。同署は両集団の関係などを調べている。

あなたの静岡新聞 アプリ