新型コロナ取り扱い インフル並み「5類」緩和 川勝知事が賛意

 川勝平太知事は29日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染症法上の取り扱いを危険度が2番目に高い「2類」相当から季節性インフルエンザと同等の「5類」に緩和する方向性について、妥当とする見解を明らかにした。理由として「現在主流のオミクロン株BA・5の致死率と重症化率は季節性インフルエンザより低い」と述べた。
 一方で、今後毒性の強い変異株が出現した際は再び厳格な分類に戻す考え方も示し、「状況に応じた弾力的な運用が望ましい」とした。5類緩和は県の専門家会議委員らも同意見とした。
 新型コロナの法的な位置付けを巡っては政府が5類への見直し作業を始めることが判明。加藤勝信厚生労働相は29日、「早期に議論を進める」と言及した。

あなたの静岡新聞 アプリ