冬鳥クロツラヘラサギ 浜松へ飛来 コウノトリと共演【動画あり】

 池に次々と飛来したカモの群れの鳴き声が響き渡る日の出前。しゃもじ形のくちばしが特徴的な鳥が2羽、ゆっくりと池の水面を進む。11月中旬、浜松市内に冬鳥のクロツラヘラサギが越冬のために飛来した。

並んで飛行するクロツラヘラサギ=18日、浜松市内
並んで飛行するクロツラヘラサギ=18日、浜松市内
コウノトリ(奥)とクロツラヘラサギ=18日、浜松市内
コウノトリ(奥)とクロツラヘラサギ=18日、浜松市内
並んで飛行するクロツラヘラサギ=18日、浜松市内
コウノトリ(奥)とクロツラヘラサギ=18日、浜松市内

 18日は2羽が並び、水中でくちばしを左右に振りながら小魚などを捕らえ、餌場を変える際には一緒に飛び立つ様子が見られた。特別天然記念物のコウノトリも現れ、近くで餌をついばんでいた。足輪の色から、千葉県野田市で放鳥された雄の「きずな」のようだ。
 クロツラヘラサギは全長約75センチでトキ科に属する。目の周りが黒いことから「黒面(くろつら)」の由来となったとされる。東アジアに生息し、主な繁殖地は朝鮮半島。県内には、まれに冬鳥として飛来する。環境省のレッドデータブックで絶滅危惧種に指定されている。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ