「浜松パワーフード弁当」第8弾 12月1日発売 塩分、過去最少2.3グラムに

 浜松市の浜松パワーフード学会、聖隷福祉事業団などは25日、栄養価の高い地元食材を生かした減塩料理でフレイル(虚弱化)予防を目指す「浜松パワーフード弁当」の第8弾「21品目の風味豊かな栄養はなまる弁当 冬の陣」を発表した。12月1日から、遠鉄ストア全33店で販売する。税込み678円。

12月1日に発売する浜松パワーフード弁当「21品目の風味豊かな栄養はなまる弁当 冬の陣」。昨年からメニューを一新し、塩分も過去最少に抑えた=浜松市役所
12月1日に発売する浜松パワーフード弁当「21品目の風味豊かな栄養はなまる弁当 冬の陣」。昨年からメニューを一新し、塩分も過去最少に抑えた=浜松市役所

 昨年の「冬の陣」弁当からメニューを一新。「野菜と美味鳥の南蛮漬け」「野菜としめじのバター炒め」など9種を詰めた。21食材のうち、鶏肉や米、大根、タマネギなど13食材が地元産の「浜松パワーフード」。素材の味に加え、ユズやレモン、酢の酸味を生かし、使用した塩分はシリーズ過去最少の2・3グラムに抑えた。
 1食600キロカロリー。サケや鶏肉でタンパク質も十分量を確保。同事業団の管理栄養士が監修し、フレイル予防に役立つ10食品群全てを盛り込み、健康食の基準「スマートミール」の認証も受けた。仕出し料理の「竹泉」(浜北区)が製造する。
 2021年3月の第1弾から累計8万食を売り上げる人気シリーズ。市役所で弁当をお披露目した同学会の秋元健一会長は「おいしい上に体に優しく、ダイエットにもいい。生産者や製造、販売業者の愛が詰まった弁当を楽しんでほしい」と呼びかけている。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ