テーマ : 清水エスパルス

⚽️来季J2清水 監督続投の理由を説明 得点力向上を評価

 来季J2の清水の大熊清ゼネラルマネジャー(GM)が24日、オンラインで取材に応じリカルド監督の来季続投について説明した。得点力を増した攻撃面について「スタイルとしていい方向に変えてくれた」と一定の評価。一方、終盤に勝ちきれない試合が続き、「チームとして修正できなかったのは認めざるを得ない」と反省点を挙げた。
 大型補強を敢行しながらJ1残留につなげられなかった自らの進退については「チームを強くするために続けるのが精いっぱいの責任」と述べた。来季J2での戦いを見据えて「個と組織をどうマネジメントできるかが編成のポイント」と語った。
 リカルド監督はブラジル2部バスコ・ダ・ガマの監督を退任後、6月に平岡前監督の後を引き継いだ。7月末から5戦負けなしと一時チームを浮上させたが、終盤に7試合勝ちなしと失速。指揮を執ったリーグ戦18試合で5勝5分け8敗だった。

いい茶0

清水エスパルスの記事一覧

他の追っかけを読む