新たな交差点など了承 三島市都市計画審議会 「谷田幸原線」の延伸区間

 三島市都市計画審議会がこのほど、市役所で開かれ、来年2月に一部で供用開始となる都市計画道路「谷田幸原線」の延伸区間に新たな交差点を設ける都市計画と、三ツ谷工業団地(同市)の建物規制を一部緩和する地区計画をいずれも変更する案について了承した。
 谷田幸原線は長泉町方面から三島裾野線との交差点までの区間が来年2月につながり、今後は令和10年代後半をめどに同市壱町田方面に延伸する計画。その際、徳倉小学区の通学路が分断されるなどの課題が想定されるため、徳倉宮川と交わる区域に新たな交差点を設けるとした。
 三ツ谷工業団地は人手不足や自動化の普及など社会情勢が変化する中、これまで「倉庫業を営む倉庫」に限定した一部エリアの建物用途について、トランクルームを除く倉庫に変更。「公共公益施設地区」については事務所、工場、物販業を営む店舗を追加し、「利便用地区」に改めた。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ