大河ドラマ「どうする家康」 初回放送日に静岡、浜松で出陣式 松本潤さんら登場、観覧者募集

 2023年の大河ドラマ「どうする家康」を契機とした地域活性化を目指す静岡市の推進協議会や浜松市などは、ドラマの初回放送日の23年1月8日、静岡、浜松各市で、出陣式とパブリックビューイングを行う。出陣式には、両所とも徳川家康役の松本潤さんや本多忠勝役の山田裕貴さんらが登場し、見どころを紹介する。観覧希望者を11月21日~12月12日に募集する。応募者多数の場合は抽選となる。
 静岡市の出陣式は午前11時から、グランシップ(駿河区)で。パブリックビューイングは午後4時半から、市民文化会館(葵区)で。いずれも同市大河ドラマ「どうする家康」活用推進協議会のウェブサイトから申し込む。問い合わせは同協議会専用コールセンター<電050(5050)1596>へ。
 浜松市の出陣式は午後2時45分から、浜松城そばに整備中の大河ドラマ館(中区)前で。パブリックビューイングは同4時45分から、アクトシティ浜松(同)で。いずれも「徳川家康公ゆかりの地 出世の街 浜松」ウェブサイトから申し込む。問い合わせは同市観光・シティプロモーション課<電053(457)2295>へ。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ