第3弾はスパークリング 花の舞酒造、純米酒「エンシュ」シリーズ発売

 浜松市浜北区の花の舞酒造は、浜松パワーフード学会が監修する純米酒の第3弾「エンシュライトスパークリング」を開発した。食用米を精米歩合90%、アルコール度数9%で醸造するシリーズで、初のスパークリングに仕上げた。

シリーズ初のスパークリングに仕上げた純米酒「エンシュライトスパークリング」=浜松市中区
シリーズ初のスパークリングに仕上げた純米酒「エンシュライトスパークリング」=浜松市中区

 瓶の中で2次発酵させて炭酸ガスを加えた。食用米のうまみを生かしつつ、きめ細かな口当たりの良い泡が立ち、すっきりと飲みやすい味わいにした。同学会加盟の市内飲食店で順次、提供を始める。価格は720ミリリットルで税込み3800円。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞