大型トラック火災で国1バイパス一時通行止め 富士ー静岡

 10日午前1時40分ごろ、静岡市清水区由比西倉沢の国道1号富士由比バイパス(BP)下りで単独事故を起こした大型トラックから出火し、同BP下りの富士市宮島東から同区興津中町の交差点までの区間が通行止めになるなど交通規制が敷かれた。火災は約5時間後に消し止められた。

通行止めとなった国道1号富士由比バイパスの車両火災現場=10日午前3時半ごろ、静岡市清水区西倉沢
通行止めとなった国道1号富士由比バイパスの車両火災現場=10日午前3時半ごろ、静岡市清水区西倉沢
通行止めとなった国道1号富士由比バイパスの車両火災現場=10日午前3時半ごろ、静岡市清水区西倉沢
通行止めとなった国道1号富士由比バイパスの車両火災現場=10日午前3時半ごろ、静岡市清水区西倉沢
通行止めとなった国道1号富士由比バイパスの車両火災現場=10日午前3時半ごろ、静岡市清水区西倉沢
通行止めとなった国道1号富士由比バイパスの車両火災現場=10日午前3時半ごろ、静岡市清水区西倉沢

 清水署によると、トラックは進行方向左側ガードレールと接触事故を起こした後に燃料タンク付近から出火。車両を全焼したほか、延焼した荷室の木製チップがあふれて道路をふさいだ。トラックを運転していた神奈川県の男性会社員(54)が胸を強く打ち病院に搬送された。軽傷の模様。
 現場は同BPと東名高速道が立体交差する埵峠付近の片側2車線直線道路。Uターンが可能な同BP西倉沢交差点までの約700メートルの区間ではトラックや乗用車などが立ち往生した。

あなたの静岡新聞 アプリ