テーマ : 御前崎市

夫婦で手作り 魔女人形120点 御前崎で作品展

 人形作家の細田常久さん(71)、純子さん(68)夫妻=島田市=の作品展「ユニークな魔女たち」が11月6日まで、御前崎市門屋の静岡カントリー浜岡コース&ホテル・カルチャーフロアで開かれている。

細田常久さん(右)、純子さん夫妻が手作りした魔女の人形=御前崎市門屋の静岡カントリー浜岡コース&ホテル・カルチャーフロア
細田常久さん(右)、純子さん夫妻が手作りした魔女の人形=御前崎市門屋の静岡カントリー浜岡コース&ホテル・カルチャーフロア

 魔女の人形を中心に約120点を出展した。制作は顔の部分や手指などを常久さん、洋服を純子さんが担当。柔和な表情でほうきにまたがるさまざまな魔女たちが会場を彩っている。
 約30年前、純子さんが仕事で訪れたチェコで魔女に魅力を感じ、収集するうちに2人で協力して手作りするようになったという。純子さんは「欧州では幸運をもたらす存在ともいわれている。怖がらずに観賞してもらえれば」と話している。月、火曜は休館。

いい茶0

御前崎市の記事一覧

他の追っかけを読む