追っかけわたしの特集

特集 : 御前崎市

御前崎にサツマイモ栽培普及 大沢権右衛門 海福寺で功績しのぶ

 江戸時代に現在の御前崎市にサツマイモ栽培を広めたとされる「いもじいさん」こと大沢権右衛門(1694~1778年)をしのぶ年に一度の法要がこのほど、供養塔のある同市御前崎の海福寺(松井朋紀住職)で営まれた。

「いもじいさん」をしのんで焼香する参列者=御前崎市御前崎の海福寺
「いもじいさん」をしのんで焼香する参列者=御前崎市御前崎の海福寺

 市教育委員会などによると、大沢は1766年、難破した薩摩藩の船を村人と協力して救助し、船員に衣類や食事を与えて手厚く介抱した。大沢は薩摩藩がお礼に申し出た金20両を固辞。その代わりに船が積んでいたサツマイモを譲り受け、栽培方法も教わったという。1878年に同寺に建てられた供養塔は市の有形文化財に指定されている。
 法要には市や商工会、観光協会関係者ら約10人が参列した。柳沢重夫市長は「いもじいさんの功績に心から感謝し、市の農業を振興させていきたい」とあいさつした。

いい茶0

御前崎市の記事一覧

他の追っかけを読む