松崎の地域おこし協力隊 新たに4人委嘱、あわせて6人に

 松崎町はこのほど、都市地域から過疎地域に移住して地域活性化に取り組む地域おこし協力隊に20~50代の男女4人を委嘱した。今回の追加で、町内で活動する協力隊は6人になった。

地域おこし協力隊に委嘱状を手渡す深沢町長=松崎町役場
地域おこし協力隊に委嘱状を手渡す深沢町長=松崎町役場

 委嘱したのは、東京都の荒井玲奈さん、埼玉県の杉山藍子さん、神奈川県の石川洋行さん、同県の松谷あけみさん。荒井さんはまちづくりや山を生かした産業、杉山さんは第1次産業、石川さんは獣害対策、松谷さんはグリーンツーリズムやアグリツーリズムに取り組む。任期は3年間。
 授与式が町役場で行われ、深沢準弥町長が委嘱状を手渡した。同町は若者の定住促進などを目指し、2011年から協力隊の募集を開始。これまでに21人を受け入れた。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ