テーマ : 御前崎市

農業施設 広範囲に被害 御前崎突風、家屋23棟も 市が被害報告

 御前崎市は30日に開かれた市議会全員協議会で、同市白羽地区で23日夜に発生した突風の被害状況を報告した。23棟の家屋で瓦が飛散したりガラスが割れたりしたほか、茶畑の防霜ファンやビニールハウスなど農業施設も広範囲にわたり被災したことを明らかにした。
 市によると、防霜ファンは5基が風で傾いた。ビニールハウス4棟、温室メロンハウス3棟、パイプハウス4棟も損傷した。静岡地方気象台は25日に現地調査を行い、突風は「竜巻の可能性が高い」と判断した。
 市内では突風のほか、台風15号の影響で土砂崩れ1件、床下浸水3件、市道の通行止め1件が発生。市が開設した広域避難所には3世帯3人が避難した。
 同市議会は30日、罹災(りさい)・被災証明書の早期発行や予備費などを活用した被災者支援を求める要望書を市に提出した。
 

いい茶0

御前崎市の記事一覧

他の追っかけを読む