死亡事故、4日で3件相次ぐ 静岡県警が緊急抑止対策

 静岡県内で20~23日に3件の交通死亡事故が相次いで発生したことを受け、県警は23日、緊急抑止策を始めた。街頭指導や取り締まりを強化するほか、ドライバーや歩行者、自転車利用者らに安全意識の向上を呼びかける。
 死亡事故は20日に静岡市駿河区、22日に掛川市、23日に浜松市浜北区でそれぞれ発生した。ドライバーには速度抑制と、午後4時以降のライト点灯や夜間のハイビーム活用などを、歩行者や自転車利用者には安全確認の徹底や反射材の利用などを求める。

あなたの静岡新聞 アプリ