薬師如来像 12年ぶり開帳 牧之原で大法要

 牧之原市静波の「薬師堂」の薬師如来像が12年ぶりにご開帳され、23日、同所で開扉供養大法要が営まれた。公開は26日まで。

ご開帳を祝して営まれた大法要=牧之原市静波
ご開帳を祝して営まれた大法要=牧之原市静波

 薬師堂を管理する5丁目薬師堂世話人会によると、薬師堂は約370年前に開創され、その後に廃寺となった真女院の跡地に、地元住民らよって立てられた。地域からは「5丁目のお薬師様」と親しまれるなど信仰を集め、寅(とら)年ごとに大法要が行われている。
 法要では住民約30人が集まり開帳を祝ったほか、無病息災を祈願した。世話人会の遠勢栄太郎さん(66)は「コロナ禍が少しでも良くなることを願うとともに、これからも地域全体でお堂を守り続けたい」と話した。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ