走り方、体ケア理解 「しまだ大井川マラソン」完走へクリニック

 島田市で10月30日に開かれる「しまだ大井川マラソンinリバティ」(静岡新聞社・静岡放送共催)に向けたランニングクリニックが23日、同市のプラザおおるりで始まった。実践練習を交えた講座を本番まで計3回開き、完走や記録更新など個々の目標や走力に合わせて練習をサポートする。

フルマラソンに向けて体のケア方法などを学んだランニングクリニック=島田市のプラザおおるり
フルマラソンに向けて体のケア方法などを学んだランニングクリニック=島田市のプラザおおるり

 大会のペースメーカーを務める杏林堂薬局の市民ランニングクラブ「スマイリーエンジェル」が講師を務める。初回は雨のため座学のみを行い、元実業団選手であん摩マッサージ指圧師の村松夏子さんが足の構造や鍛え方を解説した。村松さんは足のアーチの重要性やランナーが患うスポーツ障害などを紹介し「原因は足裏にあることが多い。足を鍛えて楽な走行やけがの予防につなげて」と呼び掛けた。
 参加者は足首を動かしたり足の指を伸ばしたりするストレッチを行い、本番までの練習メニューの組み立て方も学んだ。
 講座は10月16、23の両日も開く。受講料は1回千円。希望者は大会ホームページから申し込む。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ