磐田、浜松で大雨被害 家屋や道路が冠水 台風15号

 台風15号の接近に伴い、静岡県中、西部で23日夜、強い雨が降った。静岡地方気象台によると、午後6~7時台に磐田市で時間雨量63ミリ、浜松市中区で62ミリ、掛川市で同8時台に9月の観測史上最大となる70ミリを記録した。磐田市の中心部付近で川の水があふれ、近くの店舗が浸水したほか、各地で道路の冠水も相次いだ。けが人の情報はないという。

浸水したJR掛川駅南北通路=23日午後9時半
浸水したJR掛川駅南北通路=23日午後9時半
店内に水が流れ込んだ酒店=23日午後7時40分ごろ、磐田市中泉
店内に水が流れ込んだ酒店=23日午後7時40分ごろ、磐田市中泉
川のように歩道まで冠水した道路=23日午後9時44分、浜松市東区子安町
川のように歩道まで冠水した道路=23日午後9時44分、浜松市東区子安町
大雨で冠水した道路と立ち往生したとみられる乗用車=23日午後8時ごろ、浜松市東区大蒲町
大雨で冠水した道路と立ち往生したとみられる乗用車=23日午後8時ごろ、浜松市東区大蒲町
浸水したJR掛川駅南北通路=23日午後9時半
店内に水が流れ込んだ酒店=23日午後7時40分ごろ、磐田市中泉
川のように歩道まで冠水した道路=23日午後9時44分、浜松市東区子安町
大雨で冠水した道路と立ち往生したとみられる乗用車=23日午後8時ごろ、浜松市東区大蒲町

 掛川市ではJR掛川駅の南北通路が浸水した。県西部の広い範囲で河川水位上昇による避難指示が出た。
 焼津市内では各所で道路が冠水する被害が出た。焼津市焼津の焼津郵便局前の交差点は横断歩道の線が見えなくなるほどまで水に漬かり、道行く車が慎重に運転していた。
 磐田市中泉の高橋酒店は、近くの小規模河川からあふれた水が流れ込み、家族総出で水のかき出し作業に追われた。同店の高橋玲子さん(47)は「一気に雨が強くなって、靴が全部漬かるくらい水が入ってきた。もっと水位が高くなるかと不安だった」と話した。
 浜松市では各地で道路が冠水し、立ち往生する車が相次いだ。市消防局によると、中区鴨江で車3台が動けなくなったと通報があった。馬込川、安間川、芳川、堀留川で水位が上昇し、市は周辺の延べ約50万人を対象に緊急安全確保の避難情報を出した。午後9時現在、中区や南区の緊急避難場所に計8人が避難している。

あなたの静岡新聞 アプリ