天竜区に新風力発電計画 浜松 3社目、最大12基

 東京都の「浜松陸上風力発電」が浜松市天竜区佐久間町、春野町の山中で風力発電事業を計画していることが22日、同社などへの取材で分かった。来月4日から、周辺への影響を予測した環境影響評価(環境アセスメント)の配慮書の縦覧が区役所や各協働センターなどでできる。

 浜松陸上風力発電は、洋上風力発電事業を手がける「インフラックス」(東京都)のグループ会社。「仮称浜松陸上風力発電事業」の想定区域は、佐久間町上平山、春野町豊岡、気田の天竜スーパー林道沿い。竜頭山から秋葉神社の間に風力発電を設置する。
 同社によると、事業の想定区域は約1500ヘクタールで、風力発電機を設置する想定範囲は約200ヘクタール。発電機は最大12基を建設し、最大出力は約5万キロワットを見込んでいる。着工時期は決まっていない。
 環境アセス手続きの初期段階にあたる配慮書は10月4日から11月4日まで同社ホームページのほか、市役所や区役所、佐久間、龍山、春野各協働センターで閲覧できる。
 天竜区の風力発電事業計画を巡っては既に、2社の環境アセスの手続きが進んでいる。JR東日本エネルギー開発(東京都)は、JR水窪駅東側の常光寺から竜頭山の尾根を結ぶ南北約10キロに最大12基を設置する計画を進める。中部電力子会社「シーテック」(名古屋市)も佐久間町、龍山町の山中で最大17基の設置を計画している。両社とも2024年の着工を目指す。
 浜松陸上風力発電の担当者は「計画を進めていく中で、住民の皆様に丁寧に対応する」としている。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ