新型コロナ感染 発表内容変更へ 静岡県と静岡、浜松両市

 国が26日から新型コロナウイルス感染の発生届の対象を全国一律で限定化するのに伴い、静岡県と静岡、浜松両市はデータが反映される翌27日から、報道発表の内容を変更する。感染者の性別、居住地、自宅療養者数、クラスター(感染者集団)は把握できなくなるため、公表を取りやめる。
 発生届の対象は26日以降、65歳以上▽入院が必要な人▽重症化リスクがあり、治療薬、酸素投与が必要な人▽妊婦-の4類型に限定される。それ以外は年代別のみ報告する。
 その日の新規感染者数や年代別感染者数、死者数などは引き続き発表する。4類型の総数を静岡市は毎日、県と浜松市は週に一度、公表する。
 発生届は全ての陽性者の個人情報や重症化リスク、入院の有無などを報告するよう義務付けていた。感染爆発で医療機関や保健所の業務負担が増え、軽減措置として限定化される。

あなたの静岡新聞 アプリ