任意後見人の立場利用 業務上横領疑いで静岡の男再逮捕

 静岡南署は22日、業務上横領の疑いで静岡市駿河区池田、会社員の男(69)を再逮捕した。
 再逮捕容疑は2017年1月4日、同区のATMで、同市清水区の無職男性=当時(90)=名義の預金口座から現金60万円を引き出した疑い。
 同署によると、容疑者は任意後見人として男性の財産を管理していた。
 関係者によると、容疑者は当時、同市駿河区でデイサービス施設を経営し、横領した現金は施設の経営資金に充てたとみられる。逮捕は3度目で被害総額は2千万に上る可能性がある。容疑者は容疑を否認しているという。

あなたの静岡新聞 アプリ