御殿場高生お勧め ソウルスポット発信 サイト掲載、紹介文執筆

 御殿場高の生徒が、住民が愛する御殿場の「ソウルスポット」のPRに取り組んでいる。通信大手KDDIなどが開設したソウルスポットの紹介サイトで、御殿場のスポットの選定を担った。各スポットの紹介文も手掛け、住民ならではの視点で魅力を伝える。旅行者の回遊を促すとともに、住民が地域の素晴らしさを再認識する機会になればと期待する。

自分が選んだソウルスポットを紹介する生徒=御殿場市の御殿場高
自分が選んだソウルスポットを紹介する生徒=御殿場市の御殿場高

 御殿場高創造ビジネス科ビジネス観光コース3年生が、21日に開設された地域情報サイト「COLO(コロ)」のコンテンツづくりに協力した。御殿場の71スポットのうち30カ所を選んだ。
 放課後に友人と足を運ぶ韓国料理店、好きな人との距離を縮めるのに最適なバッティングセンター、アルバイト先に向かう途中の富士山眺望ポイントなど、いずれも普段の生活の中で知った場所だ。説明文には「テストでいい点を取ると買ってもらうお菓子」など、エピソードを盛り込んで愛着をアピールした。
 久永宙さんは、部活動の帰りに立ち寄る銭湯「人参湯」を紹介した。番頭や来店客の声を交え、昭和の面影を残す温かな雰囲気を伝える。「旅行の最後に訪ね、思い出を振り返りながらリラックスしてほしい」と勧める。
 サイトは20代のグループやファミリー層がターゲット。若者が好むスポットを紹介しようと、KDDIが行政を通じて高校に協力を求めた。生徒は旅行者の年代に合わせたお勧めコースも考えた。今後、サイトに掲載される。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ