消費者トラブル 動画で防止 静岡県、学生クリエーター任命

 静岡県は22日、県内の大学生や専門学校生ら16人を「消費者トラブル防止学生クリエーター」に任命した。県庁別館で任命式が開かれ、高畑英治くらし・環境部長が学生へ任命書を交付した。学生16人はワークショップを重ね、成人年齢引き下げによる若者の消費者トラブル防止に向けた啓発動画を制作する。

「消費者トラブル防止学生クリエーター」に任命された学生ら=県庁別館
「消費者トラブル防止学生クリエーター」に任命された学生ら=県庁別館

 任命式で高畑部長は高齢者や若者の消費者被害防止に特に力を入れている点に言及し、「同年代へ消費者トラブルの課題が届くような映像制作をしてほしい」と期待した。
 常葉大法学部3年の小倉花梨さん(20)は「大学で学んだことを生かせると思って応募した。みんなと知識を共有して情報発信に役立てたい」と笑顔を見せた。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ