オイスカ国際高 通信制協力校開校へ 2023年度

 浜松市西区和地町のオイスカ浜松国際高は2023年4月、長崎県の広域通信制「こころ未来高」の協力校として、「オイスカ夢未来高等学院浜松校」を校舎内に開校する。
 自宅での学習が中心の在宅コース、オイスカ浜松国際高に週1~3日登校する通学コースに分かれ、定員は60人。通信制高の卒業に必要な面接指導やテストを同校で受けられる。同校の教員が通信制の生徒の学習や進路の指導にもあたる。
 通信制高に通う生徒が全国的に増加傾向で、多様な学びの機会を地域に提供しようと開校を決めた。JR浜松駅周辺にある通信制協力校・サポート校に交通事情で通いづらい、郊外の生徒の通学を見込む。同校の鬼石貞治校長は「社会の要請に応えられる学校にしていきたい」と話す。
 10月22日、11月19日、12月17日に学校説明会を校内で開く。申し込み、問い合わせは同校<電053(486)3011>へ。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ