アウトドアと食の体験型専門店 エンチョー、富士に開店 カフェ併設

 エンチョー(富士市)は23日、同市のJR新富士駅近くに直営店「SWEN(スウェン)新富士Base(ベース)」をオープンする。アウトドア用品を扱う店内にカフェを併設し、外遊びと食の体験型専門店を目指す。

エンチョーが23日に開店する「SWEN新富士Base」=富士市川成島
エンチョーが23日に開店する「SWEN新富士Base」=富士市川成島

 屋内のサラダカフェ「スウェンサラダワークス」は、県産野菜を使ったサラダボウルを軸に四季の味を提供する。屋外にはバーベキュースペースを用意し、キャンプ料理教室やマルシェなどのイベントを企画する。
 スウェンが従来展開してきたアウトドア用品は、キャンプを主軸にカヌーやSUP(スタンドアップパドルボード)、登山など地域の自然環境や気候に合わせた商品を展開する。
 同社のアウトドア店としては県内10店目。売り場面積は961平方メートル。営業は平日午前11時から午後7時半、土日祝日は午前10時から午後7時。水曜定休。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ