開館20周年で新装 全国ダムカード500枚一堂展示 長島ダムふれあい館(川根本町)

 川根本町梅地の「長島ダムふれあい館」が21日、開館20周年を記念して展示内容をリニューアルした。全国のダムで配布されているダムカードの展示などを始めて、通称「ダムの駅」としてPRを図る。

全国から集まったダムカードを見て楽しむ来館者=川根本町梅地の長島ダムふれあい館
全国から集まったダムカードを見て楽しむ来館者=川根本町梅地の長島ダムふれあい館

 ダムの来訪者に配られる同カードはダムの写真や形式、貯水池の容量などを掲載。日本ダム協会やダム愛好家の協力を得て、全国から集まったダムカード約500枚を一堂に展示した。展示は来年9月20日まで。ダムカードの寄付を募る取り組みも実行し、展示内容の充実を目指す。このほか、同協会発行の雑誌「月刊ダム日本」記念号も紹介している。
 21日のリニューアル記念式典で、国土交通省長島ダム管理所の松村昭洋管理所長は「長島ダムを入り口に全国のダムにも興味を持ってほしい」と話した。問い合わせは、同管理所<電0547(59)1021>へ。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ