コンビニ/信金 詐欺被害防止で2店舗に感謝状 浜松西署

 浜松西署(田中尉公署長)はこのほど、特殊詐欺被害の未然防止に貢献したとして、浜松市西区のローソン浜松西インター店と浜松いわた信用金庫湖東支店に感謝状を贈った。

感謝状を手に記念撮影する功労者ら=浜松西署
感謝状を手に記念撮影する功労者ら=浜松西署

 ローソン浜松西インター店では7月18日、高齢男性が電子マネー5万円分の購入を申し出た。従業員が高額の購入を不審に思い事情を聴くと、男性が「携帯電話のウイルス除去費用として買うように指示された」と説明したため、詐欺を疑って警察に連絡した。
 オーナーの小名木健吾さん(43)は「以前にも同様の手口でだまされそうになったお客がいた。不審な点があった際は確認を徹底している」と話した。
 浜松いわた信金湖東支店では8月10日、高齢女性が定期預金の引き出しを申し出た。窓口で対応した藤田侑子さん(24)によると、女性が「息子が事故に遭って現金150万円が必要」と説明したため、上司に相談した。女性の家族に連絡し、詐欺と分かった。藤田さんは「女性が正直に事情を話してくれて良かった」と話した。

あなたの静岡新聞 アプリ