伊豆の国市社協に食料品105キロ寄贈 三島信金

 三島信用金庫は16日、役職員から集めた食料品105キロを伊豆の国市社会福祉協議会に寄贈した。県東部4信金が取り組むフードドライブ事業の一環。

河野会長に食料品を贈る山田部長(右)=伊豆の国市の韮山福祉・保健センター
河野会長に食料品を贈る山田部長(右)=伊豆の国市の韮山福祉・保健センター

 8月29日から9月2日に信金の本部や各支店の役職員が缶詰や乾麺など保存が可能な食料品を持ち寄った。営業店支援部の山田豊和部長が同市の韮山福祉・保健センターを訪れ、社協の河野真人会長に届けた。山田部長は「今後も地域貢献のために継続したい」と述べ、河野会長は「コロナ禍で困っている人は多いので大変ありがたい」と感謝した。
 社協は子育て世帯の支援などに活用する。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ