台風14号影響 大気不安定、大雨に要警戒 18日の静岡県内

 静岡県内は18日、大型で猛烈な台風14号の影響で大気の状態が不安定になり、大雨になる所がある見通し。所によっては雷を伴った激しい雨が降る。静岡地方気象台によると、台風は20日ごろ、静岡県に最接近するとみられ、次第に雨風が強まる。

台風接近に備えてロープで岸壁と結ばれた漁船=17日午後、静岡市駿河区の用宗漁港
台風接近に備えてロープで岸壁と結ばれた漁船=17日午後、静岡市駿河区の用宗漁港
台風接近に備えてロープで岸壁と結ばれた漁船=17日午後4時45分ごろ、静岡市駿河区の用宗漁港
台風接近に備えてロープで岸壁と結ばれた漁船=17日午後4時45分ごろ、静岡市駿河区の用宗漁港
台風接近に備えてロープで岸壁と結ばれた漁船=17日午後、静岡市駿河区の用宗漁港
台風接近に備えてロープで岸壁と結ばれた漁船=17日午後4時45分ごろ、静岡市駿河区の用宗漁港

 18日の1時間雨量は中部と西部の多い所で50ミリ、東部と伊豆で40ミリの予想。同日午後6時までの総雨量は多い所で250ミリに達する見込み。19日午後6時までの24時間では、中部と西部で300~400ミリ、東部と伊豆で200~300ミリになる可能性がある。
 18日の波の高さはうねりを伴って4~6メートルで、大しけになる所があるとみられる。最大風速は伊豆、中部、西部の海上で13~15メートルと見込まれる。
 気象台は土砂災害や河川の増水、暴風、うねりを伴った高波に警戒を呼びかけている。

あなたの静岡新聞 アプリ