テーマ : 御前崎市

DMO設立に「尽力」 御前崎市議会一般質問 観光振興へ方針

 御前崎市議会9月定例会は8日、一般質問を行った。「観光プロデューサー」の山崎淳専門監は観光振興に向け、観光地域づくり法人(DMO)の設立や中京圏をターゲットとした誘客促進などに取り組むと述べた。河原崎恵士氏への答弁。
 山崎専門監は大手旅行会社から市に出向し、4月に就任した。DMOは行政や飲食業、商工業など官民のさまざまな関係機関を巻き込み、観光地経営を図る法人で、県内でも伊豆や県中西部で設立されている。山崎専門監は観光客に向けたPR戦略などを進める上でDMOがかじ取り役になるとし「近い将来設立されるよう、基盤づくりに微力を尽くす」と語った。
 市内約20の宿泊施設を対象に4~6月の宿泊者の居住地を調べた結果、県内に次いで名古屋市など中京圏が多かったことも報告し、「今後誘客に力を入れていくべき地域」とした。
 柳沢重夫市長は御前崎港への客船誘致に向け、9月と11月に船社や旅行会社の担当者を招いたファムトリップ(視察旅行)を行うと明らかにした。
 同日は他に渥美昌裕、桜井勝、斎藤洋の3氏が登壇した。

いい茶0

御前崎市の記事一覧

他の追っかけを読む