祖父母の似顔絵 園児が感謝込め描く 静清信金全38店舗で展示

 静清信用金庫は5日、静岡、焼津、藤枝市の全38店舗で、地元園児による「祖父母のにがお絵展」を始めた。敬老の日(19日)に合わせ、園児が日頃の感謝を込めて祖父母の似顔絵を描いた。

作品を楽しむ来場者=静岡市葵区昭和町の静清信用金庫本店
作品を楽しむ来場者=静岡市葵区昭和町の静清信用金庫本店

 3市内の44幼保・こども園から約3千点が集まった。静岡市葵区の本店フロアには静岡精華幼稚園(同区)の園児約200人が描いた作品が並ぶ。園児がクレヨンなどで祖父母の笑顔を描いた作品が来場者を和ませている。
 期間中は特殊詐欺被害防止に向け、店舗を訪れた高齢者に「キャッシュカードを渡さない」「その電話大丈夫?」などと書かれたカードケースやポケットティッシュを配布する。
 (社会部・沢口翔斗)

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ